葉酸が欠乏すると起こる症状と二分脊柱症について


^葉酸という栄養素は胎児の正常な発育を助けたり、心、脳疾患の予防、貧血の予防、認知症の予防などの、様々なトラブルを防いでくれる大切なものです。

ですから特に妊娠初期に葉酸が不足すると、「二分脊柱症」という胎児の病気が起こりやすくなると言われています。

二分脊柱症は、先天的に椎弓が正中で融合不全を起こし、脊柱が欠損している状態で、胎児の1万人に3~5人に発症すると言われている恐ろしい病気です。

この二分脊柱症を発症すると、脊柱骨が形成不全なので、下半身不随になったり、無脳症といって、胎児期に脳がきちんと形成されない病気が起こってしまいます。

欧米化された現在の我が国の食生活からも、このような病気の発症率が高くなってきていて、女性の一日に摂取する葉酸の必要量も引き上げられています。

2000年からは、厚生労働省も妊産婦に対する葉酸の積極的な摂取を呼びかけています。

このような事からも、妊娠したから葉酸を積極的に摂取するというのではなく、妊娠、出産を望む女性は、妊娠する前、すなわち日頃から意識して葉酸を摂取する必要があります。

葉酸を摂取することで、二分脊柱症を防ぎ、様々なトラブルが起こらないようにしましょう。


葉酸が欠乏すると起こる症状


葉酸が欠乏すると、妊婦のおなかの中の胎児が奇形したりしますが、気を付けるのは、妊娠、出産を望む人ばかりではありません。

葉酸が欠乏してしまう状態の1つに、風邪や病気の治療で抗生物質を飲むことがありますが、抗生物質を飲むことにより、葉酸が合成される腸内細菌のバランスが崩れ、葉酸が減少するといったことが起こります。

腸内環境が悪くなると、消化器系の粘膜にトラブルが発生し、口内炎、舌炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったり、下痢や食欲不振のようなことも起こり始めます。

そして葉酸は、造血にも大切な役割を持っているため、葉酸が欠乏すると赤血球が少なくなり、大球性貧血や白血球減少症などを起こしやすくなります。

また、葉酸不足による症状は、神経的な面へも及びます。記憶障害、不眠症、不機嫌なども起こってきます。

最近の研究では、葉酸の欠乏が心筋梗塞のリスクを高めるとも報告されています。葉酸の欠乏を進めるのは妊娠もありますが、アルコールも葉酸を欠乏させる原因の一つです。

健康で明るい毎日を送るためには、葉酸の摂取は大変に意味のあるものです。あなたも日頃の生活習慣を振り返って、葉酸が欠乏しないようなライフスタイルに変えていくことをおススメいたします。

このページの先頭へ