妊娠に必要とされる葉酸をサプリメントで摂取しよう


葉酸は、ほうれん草の抽出物から発見されたビタミンMで、その名前からも、野菜だけに含まれているような栄養素であると思われがちですが、葉酸は、野菜のみならず、海苔などの海藻類や大豆や枝豆などの豆類、そしてレバーなどの動物性食品にも多く含まれているんですよ。

また葉酸は、妊娠、出産を望む女性や妊婦さんには特に摂取して頂きたい大切な栄養素でもあります。というのが、葉酸がDNA生成時に必要な栄養素で、葉酸が不足すると、赤ちゃんの発育に様々なトラブルを招くことになるからです。

いちばん注意したいのが妊娠初期である2~4週間くらいに、細胞分裂が活発になるので、この時期に葉酸が足りない状態であると、細胞分裂に異常をきたしてしまい、胎児の無脳症、神経管閉鎖障害などといった病気が起こりやすくなります。

しかし妊娠2~4週間といえば、誰もが妊娠に気が付かないことが多いので、妊娠したと気付いた時にはその時期をとうに過ぎていることになります。

ですから妊娠する可能性のある方は、日頃から意識して葉酸を摂取しておく必要がありますね。正常な細胞分裂を促すためにも、そのような深刻な事態に陥らないように葉酸の摂取に気を付けていきましょう。


葉酸をサプリメントで摂る


皆さんは、葉酸を日頃の食生活で上手に摂取することが出来ていますか。葉酸は、成人男女だったら一日に200μgが必要ですが、欧米化した現在の食生活では、なかなか200μgの葉酸を摂取できていないというのが事実でもあります。

また葉酸は、水溶性ビタミンですから、水に溶けやすくしかも熱に弱いので、調理してしまうと栄養素のおよそ半分が失われてしまいます。

その上、体内に入った葉酸もまた半分くらいしか働いてくれないので、一日の必要量である200μgを完全に摂取するためには、約4倍の葉酸が必要ということになります。

特に妊娠している人は、普通の人のそこからまた3倍の量の葉酸が必要になりますので、例えば毎日ほうれん草を2束、納豆を3パック以上も食べなければなりません。

どう考えても無理がありますね。食事で補いにくいそんな葉酸を手軽に摂取するには、サプリメントを活用するのもいいと思います。

大塚製薬のネイチャーメイドシリーズは有名ですが、葉酸のサプリメントはたった2粒で小さめのほうれん草1束分の葉酸が摂取できますよ。他にも、各種メーカーから、お手頃の価格帯で販売されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ