葉酸って一日にどれくらい摂取したほうがいいのか?


皆さんは、「葉酸」って聞いたことがありますか。「葉酸」はビタミンMとも呼ばれていて、水溶性ビタミンの一種です。

ほうれん草といえば、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富な野菜ですが、葉酸は、このほうれん草の中から1941年に発見されたため、ラテン語のほうれん草の葉という「folium」から、「葉酸(folic cid)」と名付けられたようです。

葉酸は特に妊娠を希望する女性には積極的に摂って欲しい栄養素で、細胞尾増殖のためのDNAの合成に必要なビタミンとしても知られています。

では、どんなものを食べれば葉酸を摂取できるのかというと、ほうれん草をはじめとする葉物野菜やレバー、果物などに多く含まれてはいるのですが、

加熱調理したり、長期間の保存により酸化するので、葉酸の栄養を無駄なく摂取するには、生野菜サラダなどにしたり果物をフレッシュなまま頂くのが一番です。

また、お酒好きの人には、飲酒が葉酸の吸収を妨げる要因になりますので、注意が必要です。

葉酸も他の栄養素と同じように、多量に摂取しても吸収される割合は決まっています。ただ、余った分は自然に体内から出ていくので、摂りすぎたからといって心配する必要はありません。


葉酸の1日の必要摂取量


葉酸はビタミンMと呼ばれるビタミンの一種で、DNAを構成する核酸や赤血球を作っています。ですから葉酸が不足すると、貧血になったり、妊娠中の方でしたら胎児に神経管閉鎖障害が起こったりします。

葉酸の1日の必要量の目安は、成人男女で1日に200μg(マイクログラム)、妊娠可能な女性が1日400μg、妊娠中の女性は1日600μg、授乳中の女性は500μgとなっていて、1日の許容上限摂取量は1000μgです。

上限が1000μgと定めてはありますが、葉酸は過剰に摂取されて余った分は、腎臓から尿として排出されるので、あまり神経質にならなくてもよいようです。

葉酸は妊娠、出産を望む女性にはもちろんのこと、心疾患やアルツハイマーの予防にも役立つと言われていて、性別や年齢に関わらず、心疾患や脳疾患などが気になる様々な方々にも必要不可欠な栄養素であることが分かっています。

健康維持増進をしていくためには、女性に限らず男性にとっても大切な栄養素なのです。

葉酸の不足を防ぐには、摂取していないからと一度に慌てて摂り込むのではなく、毎日の食生活に気を付けて摂取したり、補えない分はサプリメントを活用するなど、日頃から葉酸の摂取を意識して生活することが望ましいと思います。

このページの先頭へ